• ホーム
  • 会社案内
  • 業務案内
  • インスタントティーについて
  • 商品紹介
  • よくあるご質問

業務用インスタントティーの特長

外食産業・集団給食での業務用インスタントティー

当社のインスタントティーは使用ロケーションにより、次の3つに分類されています。

(1)機械用 オフィス、工場、店舗、食堂、遊戯施設、駅 等(2)業務用 外食産業、集団給食、病院、 ビジネスホテル 等(3)消費者向け スーパー、コンビニ、通販、 お茶店舗 等

この中でも業務用インスタントティー=<外食産業・集団給食>は、現在一番注目されている流通先です。従来はコスト面において採用されなかったインスタントティーですが、今日ではゴミの有料化と産業廃棄物の削減、さらには食品への不安拡大(品質・衛生面)からインスタントティー導入となる大手外食チェーン、企業・病院での集団給食が増え続けています。

これらにおいて使用される「お茶」の殆どがサービス品としての位置付けであり、使用形態及びオペレーションは、茶葉=急須、ティーバック=寸胴・やかん等で煮出し、粉砕茶=棗からの手出し等です。従来はとにかく「価格」が最優先されておりましたが、最近では前提として、商品の「安全・安心」性が求められています。

このような状況の中、インスタントティーへの変更理由として、

○「衛生面」でインスタントティーが加工食品の衛生規格値を遵守している。 ○均等な味が誰でも簡易に再現出来る。
作業をマニュアル化しやすい上、作業効率の向上が図れる。  ○茶殻などのゴミが出ないので、
環境問題への取り組みをアピール出来る。 ○(人件費・光熱費・ゴミ償却費・衛生面等を含めた)トータルコスト面において、ティーバックに比べてメリットが高い。

等が挙げられます。
当社の「業務用インスタントティー」は、お客様のご要望に沿った価格・風味・商品形態でお作りさせていただきます。
アイテムも緑茶〜健康茶、フレーバーティーまで多種ご用意でき、オリジナル商品で他店との差別化を図ることが出来ます。

Copyright © 2011 Soushin Co Ltd. All Rights Reserved.